読者からの意見も掲載すると双方向のホームになります

閲覧者からの情報が集まることは大きなメリット

プロスポーツチームを応援したり、タレントを応援するなど、特定のテーマを持ったホームページを運営する場合、閲覧者からの意見も掲載できるようにしておくといろいろなメリットが生まれます。
まず、一番のメリットとして挙げられるのは情報が集まりやすくなるということです。運営者のメールアドレスを掲載しておけば、メールで情報が寄せられることがあるかもしれませんが、わざわざメールで連絡するのは敷居が高い行為です。しかし、ホームページ上に掲示板やコメント欄を設けておけば、メールソフトを起動しなくてもすぐに書き込むことができますし、また、自分のメールアドレスなどを明らかにしなくてもいいので、閲覧者からすれば敷居が低くなります。

閲覧者がホームページに帰属意識を持ってくれるようになる

閲覧者がホームページに帰属意識を持ちやすくなるというのもメリットの一つでしょう。運営者の論説などを一方通行で受け取るより、自分たちの意見も公開される場の方が強い愛着を持てるからです。帰属意識を持った閲覧者が多くなれば、その人たちは常連となり、毎日のようにホームページにアクセスしてくれるようになるのでPVを底上げすることができます。また、閲覧者の書き込みが毎日行われればコンテンツがどんどん増えていくことになるので、SEOの面でも有利に働きます。
ただ、一つ注意しなければならないのは、不特定多数の人が意見を書き込むようになると争いが起きる可能性も高くなるという点です。閲覧者同士の言い争いだけではなく、ホームページ運営者への攻撃も考えられるので、きちんとしたルールを決めて運営することが必要になるでしょう。

制作会社HP内のホームページ制作の実績コンテンツをみてみると、どんなHPを作ってもらえるのか、地元に愛されているのか、信用できる会社なのか、など色々なことがよくわかります。