会社のみんなで作るホームページにしよう

CMSによってはみんなで更新が出来る

低料金のCMSに関しては、なかなか50人・100人が同時に管理画面にログインして更新する事が出来ません。具体的にいうと1ユーザIDしか作成できないとなると、誰かがログインしている間、他の人は待つ必要があります。一方、高機能で料金が高いCMSに関しては、たくさんのユーザIDを作成でき、会社のたくさんの人物が並行して更新作業が出来ます。一人や少人数で更新する際はなかなかページを量産する事は不可能です。しかし、例えば社員100人の会社がみんなでホームページを更新する事ができれば、同じドメイン内のページを短期間で量産できます。それを長く続けていれば総ページ数1万ページ・10万ページ規模のホームページを作る事も十分可能です。

ページの数を常に増やしていく事が大事な時代

10年前・5年前と比べて誰でもホームページを作れるようになったため、ネット上のWebページの総数は依然とは比べ物にならない数まで膨れ上がっています。そんな中、相対的に総ページが増やしていかないとなかなかアクセス数を伸ばしていけない状況になってきているため、全体のページが多い事は非常に重要です。また、総ページが多いと各ページが大量の内部リンクを獲得できますが、たくさんの内部リンクを獲得できているページはサーチエンジンで上位表示されやすい傾向です。また、サーチエンジンでは「24時間以内」「1週間以内」など条件を指定して新しい情報を探せるようになってきています。そんな中、毎日社員全員が新しいページを追加したり既存ページを更新したりすれば、更新時期指定検索に引っかかる確率も高まります。